BAGGY PORT(バギーポート)の財布はどうだろう?

BAGGY PORT(バギーポート)とは?

BAGGY PORTは株式会社バギーポートのブランドで、

 

兵庫県神戸市に拠点を置いて営業されています。

 

カバンをメインに扱うブランドのようです。

 

バギーポート

 

公式サイトはこちら!

 

 

公式サイトから一部引用させてもらいます。

 

「カバンは道具入れ」それがバギーポートの原点ともいえます。 つまり、シンプルで丈夫であること。道具入れとしての基本を守るそれこそ、バギーポートのこだわりというべきかもしれません。 シンプル・丈夫・間口は広く。タフで物が出し入れしやすいことは、カバンの絶対条件なのだから。

 

この部分を読んだだけで、

 

カバンにかける意気込みがよく分かりますね。

 

仙台に買い物に行った時にたまたま知ったブランドなのですが、

 

これを読んでちょっと共感を覚えました。

 

 

また、

 

バッグとしての最低限の役割、機能を頑なに守りながら、素材から目に見えない細部の造りまで、デザイナーと職人がとことんぶつかり合い、納得のいくものを創り上げています。 バギーポートはこれからも、バギーポートならではのカバンを追及し続ける。 あなたの相棒となる「道具入れ」を生み出すために。

 

デザインや質にこだわるその気持ち、

 

とても素晴らしいと思います!

いくつかのブランド(レーベル)がある。

BAGGY'S ANNEX バギーズ アネックス

 

 ⇒ バギーポートの女性版という位置づけのようです。

 

 

COTTON FIELDS コットンフィールズ

 

 ⇒ バギーポートのオリジナル帆布シリーズ。
    つまり、革製品ではなく布製品を扱うレーベルですね。

 

 

SEAGULL SHIP シーガルシップ

 

 ⇒ ヨットのセールを作る工場で偶然見付けた素材が
    発端になって生まれたブランドのようです。

 

    通常の帆布や革とはまた違う質感のようです。

 

 

CONTESSA コンテッサ

 

 ⇒ 「コンテッサ」は「伯爵夫人」を意味しています。
    つまり、大人の女性向けのブランドです。

 

 

こうやって1つのブランドから様々に分岐していくのは

 

非常に面白いですね。

バギーポートの財布を持っています!

先日仙台のフォーラスというデパートに行った時

 

ミスターモストマブ(MR.MOSTMAV)というお店に入ったら

 

バギーポートの財布や長財布が置いてあったのでした。

 

 

バギーポート

 

 

色や質感は申し分ないです。 ↓

 

 

バギーポート

 

 

中は仕切りが多く、紙幣や領収書類などの仕分けが

 

とてもやりやすいなと感じました。 ↓

 

 

バギーポート

 

 

本革の長財布なのですが、これで価格は10,500円!!

 

安っ!って思って衝動買いしてしまったのでした。

 

金額的にさすがに中国製だと思いますが、

 

それでも品質は申し分ない感じでした。

 

 

バギーポートの長財布はどれも安かったので、

 

予算1万円前後で良い長財布が欲しいという方には

 

ちょうど良いブランドかもしれません。

 

 

結構自信を持ってオススメします!

☆ 長財布オススメ一覧 ☆


 
長財布ランキング 人気1位の長財布! なぜ長財布が良い? ☆ 体験談一覧!☆ 人気の革ブランド メリット & デメリット